• 無料の会計ソフトに向く事業所

    無料で使える会計ソフトがありますが、ある程度企業の規模が大きい場合には向かない場合があります。


    本格的な帳簿処理に使えるものもあり、部署や部門ごとに会計ができるものもあり、複雑な処理にも向くのですが、給与事務や人事管理、商品管理などと統合ソフトとして使えることがないので、データをまとめられません。


    しかし、個人や小規模法人であれば、非常に使い勝手が良い場合があります。



    高価な会計ソフトが無料で使えるというメリットがありますし、経理専門の事務員を雇わなくても、経営者自身が比較的簡単に、不慣れな経理事務に取りかかることも可能だからです。


    初心者でもできるように設計されている無料会計ソフトの特徴は、クラウド型が多いです。

    機種が古く、性能が落ちるパソコンであっても、メーカーサイトにつなげば利用できますし、スマートフォンからも接続可能な場合があります。


    質問集なども閲覧できますので、分からないことがあっても、すぐに確認できます。


    有料版と比べて、月に入力できる取引数が制限されていたり、自動保存等の機能が制限されていたりしますが、規模が小さいうちは、取引数が少ないことが予想されますし、自分のパソコンやSDカード等の記録媒体に保存しておけば済むことです。



    事業が軌道に乗ってから、有料のソフトを購入することを考えても良いと思われます。

    産経デジタルはとっても評判が良くて有名です。

    無料の会計ソフトを有料版に移行させるにも、そのまま経理データを引き続き利用することも可能ですし、他のソフトに乗り換えを検討する際にも、ほとんどのソフトでは、表計算ファイル形式でデータを保存して引き継ぎするとも可能になりますので、若干の手直しや修正は必要になりますが、無駄になることはほとんどないと思われます。